Back to News (Japanese)

畑山一郎は、第42回東京モーターショー2011の主催者テーマ事業として同時開催されるSmart Mobility City 2011に出展いたします。

2011年11月4日 -

畑山一郎は、2011年12月2日(金)~12月11日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第42回東京モーターショー
2011」(主催:一般社団法人日本自動車工業会)の主催者テーマ事業「Smart Mobility City 2011」に出展いたします。

畑山の出展するecomoブースでは、「人と未来を New Mobility Design でつなぐ」をメインテーマに、畑山の“New Mobility
Designer”としてのコンセプトを前面に打ち出し、デザインを通して、Smart Mobilityのあり方を次世代に伝えていくという新しいアプローチを提案します。

千葉県柏市・柏の葉国際キャンパスタウン構想の紹介では、移動が賢く心地良い『New Mobility Design VISION 2030 』を提案します。また、ecomoプロデュースのネオアジアブランド
“Eclimo” “POWERIDE”を日本初公開。デザイン性溢れる電動二輪のスマートな乗り心地がテストライドで体感できます。さらに、業界最先端のデザインツールを使用し、プロデザイナーや次世代を担う若手デザイナーと、会期中に会場を訪れる子どもから大人まで、皆で夢のMobilityや未来の街をデザインするTokyo
Design Seminar 2011-2012 『Dream Mobility Studio』など、ニュースバリューの高い新しいイベントも多く開催いたします。

ecomo出展内容はこちらから»

東京モーターショー2011 オフィシャルWebサイト:

http://www.tokyo-motorshow.com